ブログ 書評 読書

【要約・感想】沈黙のWebライティング | Webライティングの勉強を始めるならまずこの1冊!

こんにちは、かつのぶ@katsunobvです!

今回ご紹介する本は、松尾茂起(まつおしげき)さんの「沈黙のWebライティング」です。

  • 分かりやすいWebライティングの勉強本がほしい
  • 相手に伝わる文章が書けない
  • 検索エンジンに評価される記事を作りたい

本書は、こんな悩みを解決してくれます。

Webライティングを始めるのに、ここまでわかりやすく文章の書き方をまとめた本はありません。

SEO(検索エンジン最適化)やバズりやすい文章の書き方などを、ストーリー仕立てで解説してあります。

この1冊で、Webライティングの基礎をすべて押さえることができます。

漫画的な演出がされているため、非常に読みやすく、5時間くらいでササッと読むことができます。

Webライティングでどの本を買おうか迷っている人は、本書を買ってしまいましょう!

「沈黙のWebライティング」とは?

本書の基本情報

タイトル沈黙のWebライティング-Webマーケター ボーンの激闘-
著者松尾茂起(まつおしげき)
出版社MDN(エムディエヌ)コーポレーション
ジャンルライティング
定価2,200(税込)
読みやすさ★★★★★
主な対象読者Webマーケター、ライター、ブログ初心者
概要Webライティングをする上での心構えや書き方、コツ、SEOに関する知識をストーリー調で非常にわかりやすく解説してある本

本書の内容

本書では、旅館のWeb集客を例にストーリー調でWebライティングを学ぶことができます。

漫画でざっくり内容を把握し、詳細ページでしっかり内容を勉強できる流れになっています。

学べる内容は以下の通りで、Webライティングに関する基本的なことは網羅されています

  • SEOを意識したライティングが必要な理由
  • USPの設定、訴求方法
  • Webライティングで読みやすい文章を方法
  • 論理的思考を感情に響かせる思考法とコツ
  • 文章のリライト方法
  • 外部リンクを獲得するための正しい手法
  • バズらせるコンテンツ作成方法

「沈黙のWebライティング」の要約

要約①:SEOを意識したコンテンツとは

Webライティングでは、Googleに評価される文章を作成する必要があります。

そのためには、読者にとって有益だと思う情報を、余すことなく書かれている必要があります

そのコンテンツ作成について、本書でわかりやすくまとめてあります。

要約②:読者に伝わる分かりやすい文章を書くコツ

本書では、読者にわかりやすく伝えるためのコツとして、以下の通りまとめています。

1.感情表現を入れ、自分事化による”共感”を誘発する

2.伝えたいことがきちんと伝わるよう、”見やすさ”や”わかりやすさ”にこだわる

3.ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる

沈黙のWebライティング

Webライティング以外でも使える知識のため、これらを身につけることで様々なことに応用できます。

特に、2番めの”見やすさ”と”わかりやすさ”のポイントについては、しっかり押さえておきたいポイントです。

要約③:コンテンツをバズらせる方法とコツ

ソーシャルメディアで拡散につながるコンテンツを18つのジャンルで分けてまとめています。

それぞれ1つずつ事例を挙げながら解説しているため、身につきやすいです。

解説されているジャンルについて、一部は以下のとおりです。

・オピニオン

・ユーモア

・インタレスティング

・ビューティフル

・プリティ

・感動

・恐怖

沈黙のWebライティング

合わせて読みたい本を紹介

本書と合わせて読みたい本は以下のとおりです。

分かりにくいジャンルのため、読んでいて飽きず読みやすい本をまとめました。

一緒に読むことで、本書の補足にもつながることが書かれているため、買ってそんはありません。

沈黙のWebマーケティング

いちばんやさしい新しいSEOの教本

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

かつのぶ

読書が大好きな地方エンジニア | 田舎企業就職→6年継続も給料変化なし→Web制作副業→現在ブログ挑戦中 | Web制作4ヶ月で初収益 | 主に読書から得た情報や日常で感じたことを中心に発信します | 朝活愛してます

-ブログ, 書評, 読書