ブログ 読書 読書のあれこれ

お風呂読書で心身をリラックスさせましょう!【本を読む方法を紹介】

こんにちは、かつのぶ@katsunobvです!

・お風呂で本を読む人がいるけど、なぜなんだろう?
・お風呂で本を読みたいけど、なにかいい方法は?

今回は、こんな悩みを解決します!

「半身浴中に何かしたいな」「日中読書する時間ないからお風呂中に出来ないかな」とお考え中のあなた!

最近はお風呂で読書が気軽にできちゃいます。

それにお風呂で行う読書は「ローリスク・ハイリターン」です!

この記事を読むと、今日からお風呂で読書を始められるようになります。

お風呂で読書をするメリット

そもそも、お風呂に長時間(30分)浸かることは、「老廃物や疲労物質の排出」、「血液やリンパの流れ改善」、「リラックス効果」、「疲労回復やむくみ改善」など、様々な効果をもたらしてくれます。(詳細は、こちら

お風呂に浸かることに加えて、読書をすることによるメリットについて、解説します。

リラックス効果が高まる。

お風呂に長時間浸かることで、リラックス出来ますが、読書にもリラックス効果があることをご存知でしょうか?

ある大学の研究報告で、「読書は、友人・知人とおしゃべりするよりも、36%ストレス改善効果がある」と報告されています。

読書をすることで、お風呂に浸かる以上にリラックスすることが出来、日々のストレスを軽減することが出来ます。

記憶力向上につながる

ぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経を刺激し、脳がリラックス状態になります。

脳がリラックス状態になると、記憶が残りやすくなるとカリフォルニア大学の研究員が指摘しています。

そのため、お風呂に浸かりながら読書をすることが、記録力向上に繋がります。

睡眠の質が上がる

前述した通り、お風呂に浸かることで、副交感神経が刺激されると、脳がリラックスします。

基本的にお風呂は夜に入ると思いますが、夜に読書をすることでも、副交感神経が刺激されます

副交感神経が刺激されることで、脳は休息モードに入るため、深い眠りをするようになります。

質の高い睡眠とは、深い眠りのことになるため、お風呂で読書は非常に効果があります。

お風呂で読書をするデメリットと対策

お風呂で、本を読むことはデメリットもあります。

そんなデメリットを解決できるような案を合わせて紹介します。

本がシワシワになる

本は紙でできれいるため、お風呂のような水気のある場所に長時間置いているとシワシワになってしまいます。

自分もやったことがあるのですが、お風呂の中に落としてしまうことも...

そんな問題の解決策について、紹介します。

【解決策】

1.換気は絶対(冬は寒いので、体が冷えないように対策は必須)

お風呂で本を読むためには、湿気を排除する必要があります。

そのためには、換気を十分に行いましょう。

換気は読書のためだけではなく、カビの発生も防ぐことが出来るので、必ず実施すべきです。

基本的には、換気扇を24時間回し続けることをおすすめします。

電気料金も、月数十円程度であるため、本を読むメリットを考えても十分お釣りが来ます。

2.防水ブックカバーを取り付ける

YOU-BUMI」と呼ばれる防水ブックカバーを使用すれば、本が濡れることなくお風呂で読書を楽しめます。

本のページもめくりやすい設計になっているため、スラスラ本を読むことが出来ます。

実際の使用感は、以下のサイトで説明してありますので、参考にしてください。 

3.防水機能付きの電子端末で本を読む

防水機能付きの電子端末を使用するのは、1番のおすすめ改善策です。

ページもスラスラめくれますし、濡れても大丈夫。

金額が1万円以上と高額ですが、本気でお風呂読書を楽しもうと思ったら、これ以上の策はないかと思います。

電子端末として代表的なのは「Kindle」です。

Kindleについては、以下の記事を参考にしてみてください。

デメリットは、電子端末では雑誌や参考書が非常に読みにくいことです。

勉強などで、参考書を読みたいという方にはおすすめできません。

本に集中しすぎて、のぼせる。

読書に集中しすぎて、何時間も経過した経験はないでしょうか?

お風呂で30分以上使っていると、デメリットが出てきます。

デメリットの詳細は、こちらの記事を参考ください。

それを回避するための解決策を見ていきましょう!

【解決策】

1.水分補給をする

長風呂をする場合は、水を持って入り、定期的に水分補給するようにしましょう。

汗が自然に出てくるため、気づいたときには脱水症状になる可能性があります。

読書をするしないに関わらず、必ず行いましょう!

2.タイマーをセットする

読書時間を決め、アラームが鳴るようにタイマーをセットをしましょう。

タイマーは、必ず防水機能のあるものを選んでください。

水分補給の時間をセットするのも効果的だと思います。

3.短時間で読める本を読む

お風呂読書では、挑戦小説などは避け、内容が短く・短時間で読める本を選びましょう。

参考書なども「1章だけ」と読む範囲を限定するようにしましょう。

お風呂で快適に本を読むための便利グッズを紹介

お風呂読書をより快適にしてくれる便利グッズがたくさんありますので、何点かご紹介します。

ブックスタンド

バスタブに取り付けることが出来、本以外のものを乗せることが出来ます。

中には、湯に浮かばせるタイプのものもありますが、安定しないため、バスタブに固定するものが良いです。

値段は、2000〜3000円のものが一般的です。

参考はこちら

バスピロー

長時間お風呂に入っていると首が痛くなってきますよね。

そんなときには、バスピローを使用してみてください。

参考はこちら

曇り止めメガネクロス

自分でも実際に使用しています。100回くらい使用していますが、効果が落ちたり、記事が切れたりなどの不具合はないです。

ただし、24時間曇らないことはなく、使用する環境にもよりますが、体感5〜6時間程度です。

値段もそこまで高いことはないため、気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

参考はこちら

吸水性タオル

濡れたで本を触るわけにはいかないですよね。

普通のタオルは、吸水性が悪く、手が若干ジメッとなる。

そんなときは、吸水性に優れたタオルを使用してみてください。

すぐに手が乾いて、読書時間がしっかり取れるようになります。

参考はこちら

アロマディフューザー

個人的に試してみたいのが、アロマディフューザーです。

湯船に浮かべるタイプがあるので、お風呂空間がおしゃれになって、読書気分も向上します。

アロマ自体リラックス効果を高めてくれるので、お風呂と読書とアロマの3重でストレス軽減が出来ます。

参考はこちら

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

かつのぶ

読書が大好きな地方エンジニア | 田舎企業就職→6年継続も給料変化なし→Web制作副業→現在ブログ挑戦中 | Web制作4ヶ月で初収益 | 主に読書から得た情報や日常で感じたことを中心に発信します | 朝活愛してます

-ブログ, 読書, 読書のあれこれ