ブログ 読書 読書のあれこれ

読書時に疲れにくい椅子の選び方はこれだ!集中して長時間の読書を楽しもう!

こんにちは、かつのぶ@katsunobvです!

  • 読書におすすめな椅子が知りたい!
  • 読書用の椅子を買うときのポイントが知りたい!
  • 読書でのストレスを減らし、長時間読書に集中したい!

こういった人の悩みを解決できる記事になっています!

記事の内容

  • 椅子に座ったときの正しい姿勢
  • 読書時の椅子の選び方
  • おすすめな椅子

読書をする時適当な椅子に座ってませんか?

実は、「長時間読書を楽しめる椅子」があります。

読書用の椅子を使用することで、首や肩、腰の痛みを和らげてくれるため、長時間の読書が楽しめます。

長時間読書出来るようになることで、本の世界にどっぷりハマり、今以上に読書を楽しめるようになりますよ。

読書をするときの正しい姿勢とは?

椅子に座って読書をする時は、以下の4つのポイントを心がけてみてください。

ポイント

  • 椅子に深く座り、背中を伸ばす
  • あごを引いて、頭を下げない
  • 足はブラブラさせたり、組んだりしない
  • 肘掛けに肘を置く

これらを心がけることで、体への負担が軽減され、集中して読書が出来るようになります。

逆に姿勢が悪いと、以下のようなことに悩まされます。

悩みポイント

  • 首の痛み
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 目の疲労

日頃からこういったことに悩まされている方は、読書時に限らず正しい姿勢のポイントを意識してみてください。

読書に最適な椅子を選ぶポイント

正しい姿勢で読書をするための椅子について、4つのポイントを紹介します。

4つのポイントを押さえて椅子選びをするようにしましょう。

ポイント

  1. 背もたれが座高以上
  2. キャスター付きではないこと
  3. 肘掛けがあるもの
  4. 素材

1.背もたれが座高以上

背もたれが高いことは、首や肩に負担をかけないようにするため、非常に重要です。

同じ姿勢で読書を続けるよりも、少し体勢を変えることで体のストレスが軽減されるため、より長く読書が出来るようになります。

リクライニング機能がついていれば、疲れた時に横になることが出来るため、快適に読書が楽しめると思います。

2.キャスター付きでないこと

キャスター付きの椅子は便利ですが、読書に集中したい時は邪魔にしかなりません。

私の経験ですが、キャスター付きの椅子に座って本を読んでいる時に、ちょっと体勢を変えただけでキャスターも反応してしまうことがありました。

そうなると予期せぬ動きに意識が集中してしまうため、なかなか読書に集中できませんでした。

そのため、読書用の椅子はどっしりと動きがないものを選ぶのが良いと思います。

キャスター付きでもロック機能がついたものであれば、十分読書に集中できると思います。

3.肘掛けがあるもの

肘掛けがあると、純粋に本が読みやすいです。

体のストレス的には、椅子に肘掛けがあることで、肩への負担が大幅に軽減されます。

また、猫背になりにくくなるため、姿勢よく読書できるようになります。

一点、肘掛けの高さには注意が必要です。

肘掛けの高さが自分の体にあっていないと、肘掛けに合わせて姿勢を崩すことになるため、姿勢が極端に悪くなります。

肘掛けの高さを調節出来る椅子も中にはありますが、あまり多くありません。

そのため、家にある適当な椅子に座り、座ったときの肘のベストな高さを把握しておきましょう。

猫背になって座ったときと、背筋を伸ばして座った時では、肘の高さが変わるため、注意してください。

4.背もたれの素材

椅子の背もたれの素材は、「ファブリック」、「レザー」、「メッシュ」大きく3つに別れます。

「ファブリック」

クッション性に優れ、全身を優しく包み込んでくれます。

ゆったりと読書を楽しみたい方におすすめです。

「レザー」

使い込めばこむほど自分の体に馴染むため、自分好みの椅子に仕上がります。

読書が好きでたまらず、長年使い込んでいける方におすすめです。

レザーですので、部屋に置いておくだけでオシャレに感じれるのもポイントです。

「メッシュ」

通気性に優れているため、夏場や汗っかきの人におすすめです。

読書中に汗をかくと集中力が著しく低下しますが、それをきっと防いでくれるはずです。

季節に合わせたり、部屋のレイアウトに合わせたりなど、3つの素材を使い分けても面白いと思います。

その他

その他のポイント

  • オットマン付き
  • マッサージ機能付き
  • 頭のリクライニング
  • 腰のリクライニング
  • 座面が360°回転

読書にオススメな椅子5選

1.カリモク ダイニングチェア

おすすめポイント

  • 人間工学に基づいた座り心地を研究し、体への負担を減らすサポートをしてくれる
  • 見た目以上に軽いため、持ち運びが簡単
  • 三次元立体編物であるため、座り心地最高

製品仕様

  • サイズ:幅570mm☓奥行660mm☓高さ960mm☓座高425mm
  • 素材:合皮皮革
  • 重量:5.4kg
  • リクライニング:なし
  • 肘掛け:あり
  • オットマン:なし

腰痛もちですが、体を包み込んでくれるし、長時間でも大丈夫でした。

背面のくぼみが、手にひかっかりやすく、引きやすいです。

Amazon

2.不二貿易 ロッキングチェア

おすすめポイント

  • ゆらゆら揺れるので心地よい
  • 厚みのあるクッションで、体にしっかりフィット
  • 安価で、組立簡単

製品仕様

  • サイズ:幅960mm☓奥行670mm☓高さ900mm
  • 素材:
  • 重量:10.5kg
  • リクライニング:なし
  • 肘掛け:あり
  • オットマン:なし

ずっとロッキングチェアーが欲しいと思っていたのですが、こちらが安価で手軽だったので購入してみました。
女性一人でも簡単に組み立てられ、軽いので移動も楽。椅子自体も小ぶりなので狭い場所にも置けました。
座りごごちも良く、カラーも涼しげなので部屋にもマッチして、たいへん重宝しています!

Amazon

3.DEVAISE オフィスチェア

おすすめポイント

  • 可動式の肘掛けのため、ベストな位置に調節可能
  • オットマン付きで、足のだるさを解消出来る
  • 160°までのリクライニング

製品仕様

  • サイズ:幅650mm☓奥行600mm☓高さ1100mm
  • 素材:メッシュ
  • 重量:21.29kg
  • リクライニング:あり
  • 肘掛け:あり
  • オットマン:あり

5年間使った5000円の椅子の座面がもうグラグラして、ギシギシ異音もした。
ロッキング固定できない困った。
そろそろ新しい椅子を買おうかなぁと思って、ネットで探してみたらこの椅子を見つけた。
一番気に入ったのは見た目で、腰部分のサポートも優れていると感じます。
ヘッドレスト付きで長時間デスクワークが疲れた時、首を休ませることができます。

Amazon

4.LIFIHIMI 座椅子 

おすすめポイント

  • 通気性の良い材質を使用しているため、長時間座っても心地よい
  • クッション性抜群で、座り心地が良い
  • シンプルなデザインで、どんな部屋にもマッチする

製品仕様

  • サイズ:幅630mm☓奥行660mm☓高さ980mm
  • 素材:ポリエステル
  • 重量:13kg
  • リクライニング:あり
  • 肘掛け:あり
  • オットマン:なし

見た目がスッキリしてたので購入しました。
組み立ても簡単でした。
高さ調節が出来るので自分に合わせて楽な高さにできるのもいいです。
背もたれを倒しても倒れそうな感じは無いので安心です。

Amazon

5.WLIVE 座椅子

おすすめポイント

  • マイクロファイバー素材のため肌触りがよく、ふわふわで気持ちいい
  • 座椅子を畳むことで座り方を変えることが出来る
  • 肘掛けはないが、机を配置することで解決

製品仕様

  • サイズ:幅560mm☓奥行580mm☓高さ700mm
  • 素材:布地
  • 重量:5kg
  • リクライニング:あり
  • 肘掛け:なし
  • オットマン:なし

在宅勤務が多くなり、腰の痛みが増してきたので購入しました。
調節が多く自分にあった角度に調整できるのですぐに腰の痛みが和らぎました!
仕事してる時も休んでる時も常に座椅子を使用しています。
残念なところがもふもふすぎて夏場は、暑く感じてしまいます。
あと最初使用した時、中から多くの毛?のようなものがでてきました。
最初だけなので気にならなくなりました。

Amazon

最後に

椅子にずっと座って読書すると非常に集中出来るようになり、何時間も読書ができてしまいます。

ただ、体にとってはずっと同じ姿勢でいることはよくないため、1時間に一度は立ち上がって屈伸など体を動かしてみてください。

また、立って読書をするのもおすすめです。

その理由について、以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

>>立ち読書が理想の読書姿勢である理由を解説。

本を読むのに疲れたり、長時間本を読むのが苦手な人は、「聞く読書」を試してみてはいかがでしょうか。

特に、Amazonが提供している「Audible(オーディブル)」というサービスがおすすめです。

最大の魅力は、月額1,500円で、12万冊の本を聞き放題な点です。

毎月1500円以上の本を購入される人は、めちゃくちゃお得なので、ぜひお試してみてください。

1ヶ月の無料お試し期間が設けてあり、お試し期間中にも退会可能なので、気軽に始められますよ。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

>>Audible(オーディブル)とは?初心者に分かりやすく解説します

  • この記事を書いた人

かつのぶ

読書が大好きな地方エンジニア | 田舎企業就職→6年継続も給料変化なし→Web制作副業→現在ブログ挑戦中 | Web制作4ヶ月で初収益 | 主に読書から得た情報や日常で感じたことを中心に発信します | 朝活愛してます

-ブログ, 読書, 読書のあれこれ