ブログ 読書 読書のあれこれ

読書灯で寝る前の読書を快適に!読書灯の選び方からおすすめまで詳しく紹介!

こんにちは、かつのぶ@katsunobvです!

  • 寝る前に読書をしてもいいの?
  • 寝る前の読書ではどんな照明を選べばいいの?
  • 寝る前の読書でおすすめの照明が知りたい!

こういった人の悩みを解決できる記事になっています!

記事の内容

  • 寝る前に読書をしても良い理由
  • 寝る前読書用のブックライトの選び方
  • 寝る前の読書におすすめのブックライト10選

「寝る前に読書をしてもいいの?」

こんな素朴な疑問があると思いますが、問題ありません。

ただし、適切な読書灯を使用することが前提です。

そこで、この記事ではなぜ寝る前に読書をしても問題ないのか詳しく答えるとともに、

読書灯の選び方を詳しく解説します。

また、おすすめの読書灯もまとめていますので、ぜひご覧ください。

この記事を読むことで、寝る前の読書を快適にすることができ、朝の目覚めもスッキリさせることができるようになりますよ。

寝る前に読書をしても問題ない理由

寝る前に読書をすると、どういう問題が発生するのでしょうか?

「目が悪くなる」とか「脳が覚醒して寝付き、目覚めが悪くなる」などが思いつきますよね。

しかし、これらは「寝る前に読書をしたから」ではありません

適切な読書灯を使用していないことが要因の1つとして挙げられます。

適切な読書灯とは以下のようなものを指します。

  • ライトの色が暖色系
  • ライトの明るさを調節できる
  • 本を丸ごと照らしてくれる

これらを満足した読書灯を使用することで、脳や眼球にかかる疲労を抑えることができます。

その結果、リラックスして読書を快適にできるため、寝る前に読書をしても問題ありません。

ブックライトの選び方

読書灯の選定が非常に大切であるとわかっていただいたところで、選び方について紹介します。

主に、以下の5つの観点から選べば、自分に適した読書灯に出会えますよ。

  • 読書灯のタイプ
  • 電源方式
  • 調光・調色
  • ライトの角度調節
  • デザイン

それぞれ詳しく解説します。

読書灯のタイプ

スタンドタイプ

まずは、定番のスタンドタイプ。

机やベットサイド、窓際など、平らな場所であればどこでも設置ができます。

読書用だけでなく、勉強や仕事の際にも使用できるため、持っていて損はありません。

デザインや種類が豊富なのも魅力の一つですね。

クリップタイプ

クリップタイプは、文房具のクリップのように、本やベット・机の縁などに設置できます。

挟める幅は、製品によって異なりますが、平均で3〜5cmほど。

最大の特徴は、持ち運び可能で、どこでも利用できる点です。

光の強さも調節できるものが多いため、眩しすぎたり、暗すぎたりといった不安はありません。

また、アーム式のものが多いため、自分の好きな姿勢で楽に読書を楽しむことができますよ。

首掛けタイプ

あまり見かけたことがないかもしれませんが、U字になった両先端にライトが付いており、それを首にかけて使用します。

ただし、首に掛けるだけなので、安定感があまりありません。

特徴は、平らな場所や挟める場所といった設置場所が不要な点です。

寝転がったままだと非常に安定しないため、普段椅子に座って読書する人におすすめです。

読書以外にも、夜釣りやキャンプ、アウトドアなど、両手を空けて作業がしたいときに非常に役に立ちますよ。

充電か乾電池式が多いため、コードレスなのもポイントが高いですね。

挟み込みタイプ

ちょっと変わった商品も紹介します。

これは、本と本の間に挟み込み、ページの裏側から光を当ててくれる商品になっています。

メリットは、自分の影が写り込まないこと。

結局自分の影で本に当たる照明の光を暗くすることが多いと思いますが、その心配が全く入りません。

また、栞としても使用できるため、万が一寝落ちしてもすぐにどこまで読んだのかがわかります。

ただし、ページをめくるごとに差し込まなければならないため、ちょっと面倒臭いです。

いつもと変わった読書を楽しみたい方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

電源方式

USB式

USB式であれば、PCやコンセントから充電でき、充電完了後にコードレスで使用できるのがポイントです。

コンセント式と違い、使用場所を限定されないことやコードの煩わしさがないことがメリットですね。

他にも、電池式とは違って、電池の交換の費用や手間が掛かりません。

読書場所を決めない方や旅行・出張先でも使用される方におすすめです。

購入前に、どのくらい充電が持つのかは必ずチェックしてください

コンセント式

安定した光を出し続けてくれるのが最大のメリットですね。

いざ使おうと思ったときに電池切れで使えないと、ちょっとイライラしますよね。

長時間読書をされる方には、一番おすすめです。

電池式

乾電池さえあれば、どこでも使えるのが最大のメリットです。

アウトドアや緊急時でも、懐中電灯代わりになれるので持っていて無駄がありません。

電池交換の必要があるため、コストがかかりますが、一台は持っていても損がないと思います。

調光・調色

読書灯の機能として、調光・調色は必須です。

昼間と寝る前で明るさを調節することで、就寝時の目の負担を軽減させることができます。

読書灯としては、「オレンジ色」の暖色系が最適なので、この色が備わっていることは、購入前に確認してください。

目への負担が軽減できるように、何段階の調整ができる商品なのかチェックしてみましょう。

また最近では、目に優しいブルーライトカットの読書灯があるため、ぜひこちらを選ぶようにしましょう。

ライトの角度調節

ライトの角度調節機能は、360度調整可能なものがおすすめです。

自分の好きな姿勢に合わせて、ライトをベストな角度に調整できれば、ストレスなく読書ができますよね。

また、自分の影で本を暗くするようなことも防げます。

購入の際は、フレキシブルアームを搭載した読書灯をぜひ検討ください。

ただし、アームの強度が弱く、バッチリと固定できない製品もあるため、レビュー等を良く確認して購入ください。

デザイン

読書灯は、おしゃれなものから可愛いもの、スタイリッシュなものまで、たくさんのデザインが存在します。

自分のお気に入りの読書灯を使うことで、読書時間がより楽しく、心地良くなるはずです。

機能性だけでなく、デザインも気にしてみるもの良いと思います。

最近では、スマホの充電スタンドが備えてある読書灯があるそうなので、試してみたいと思っています。

おすすめブックライト10選

Philips(フィリップス) デスクライト

設置方法スタンドタイプ消費電力14W
電源方式コンセント式光源LED(ブルーライトカット)
調光機能0〜100%まで無段階調節質量1.6kg
色温度2800K、4000K、5100Kアーム調整可能
サイズ53×41.6×53cm値段9,680円

LFX1-OLE

設置方法クリップタイプ消費電力2.6W
電源方式コンセント式光源LED
調光機能3段階質量0.75kg
色温度アームフレキシブルアーム
サイズ26×17×5cm値段7,900円

ENERG クリップライト コードレス LEDブックライト

設置方法クリップタイプ消費電力4W
電源方式USB充電(コードレス)光源LED
調光機能3段階調光質量
色温度2800Kアームフレキシブルアーム
サイズ17×25×5.5cm値段2,668円

Glocusent ネックライト

設置方法首掛けタイプ消費電力14W
電源方式USB式光源LED
調光機能6段階調光質量0.13kg
色温度3000K、4000K、6000Kアームフレキシブル
サイズ25.4×18.7×2.8cm値段2,399円

Glocusent 読書灯

設置方法クリップタイプ消費電力
電源方式USB式光源LED(ブルーライトカット)
調光機能3段階調光質量0.04kg
色温度1800K、3400K、6000Kアームフレキシブルアーム
サイズ3.93×3.32×6.7cm値段2,099円

Dallfoll デスクライト LED 

設置方法掛け置きタイプ消費電力
電源方式USB式光源LED
調光機能3段階調光質量0.15kg
色温度3000K、4500K、6000Kアーム120度調整可能
サイズ36×36×39cm値段2,199円

Yilaie ベッドサイド読書灯

設置方法壁掛けタイプ消費電力
電源方式USB式光源LED
調光機能3段階調光質量0.25kg
色温度4000Kアーム360度調整可能
サイズ13×4×3cm値段9,680円

Hapfish 読書灯

設置方法スタンドタイプ消費電力
電源方式USB式光源LED
調光機能無段階調光質量0.88kg
色温度2700K、3500K、4500Kアーム調節不可
サイズ37.5×11.7×10.5cm値段4,999円

アイリスオーヤマ デスクライト

設置方法クランプタイプ消費電力12W
電源方式USB式光源LED
調光機能無段階調光質量1kg
色温度1700Kアーム調整可能
サイズ42×50×51.3cm値段9,980円

nachteule (ナフトオイレ) ドイツ製 超軽量 ブックライト

設置方法メガネ取り付けタイプ消費電力
電源方式USB式光源LED
調光機能質量0.08kg
色温度アーム調整可能
サイズ5×2×cm値段3,980円

今回は、以上です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

かつのぶ

読書が大好きな地方エンジニア | 田舎企業就職→6年継続も給料変化なし→Web制作副業→現在ブログ挑戦中 | Web制作4ヶ月で初収益 | 主に読書から得た情報や日常で感じたことを中心に発信します | 朝活愛してます

-ブログ, 読書, 読書のあれこれ