ブログ 在宅

在宅ワークで稼げない理由とは?稼げる仕事を徹底解説

こんにちは、かつのぶ@katsunobvです!

  • 副業として、在宅ワークやってみたいけど稼げるの?
  • どんな仕事をすれば在宅ワークで稼げるの?

こういった人の悩みを解決できる記事になっています!

私も、副業として2年間様々な在宅ワークをやってきましたが、全く稼げませんでした。

しかし、あることに気づいた事で、月3万円の収入を得ることに成功しています。

この記事からわかることは、以下のとおり。

  • 在宅ワークで稼げない理由
  • 在宅で稼げる仕事のジャンル
  • 在宅ワークで継続的に稼ぐためのコツ

この記事を読むことで、在宅ワークで稼ぐためのコツを理解することができます。

毎月の収入を増やし、旅行や買い物を思う存分楽しめる生活を送りましょう!

「在宅ワークで稼げない」の真実

在宅ワークでの稼ぎ方を話す前に、在宅ワークで稼げないと思っている方のマインドを変えたいと思います。

在宅ワークが稼げると分かっている人は、読み飛ばしてください。

「在宅ワークは稼げない」は真っ赤の嘘

「株式会社ビズヒッツ」が2019年に実施した副業に関するアンケート調査では、「月の副業収入」が以下の結果になっています。
(調査人数1,000人)

・10,000円以下 :49.1%
・10,000〜30,000円未満 :29.1%
・30,000〜80,000円未満 :10.0%
・100,000〜300,000円未満 :8.3%
・300,000万円以上 :3.5%

半数以下の人が10,000円も稼げていません。

しかし、半数以上は10,000円以上稼げています。

副業で月1万円稼げるとなると、年間12万円。旅行行けちゃいますね。

また、10%が10万以上も稼いでいます。

どんなことで副業をしているかと言うと、スマホやパソコンを使用した在宅ワークです。

同じ調査の中で副業内容をまとめてあり、在宅ワークが上位を占めていることが分かります。

つまり、「在宅ワークで稼げない」は真っ赤な嘘であることが分かります。

「いや、実際に在宅ワークをやっているけど、全然稼げていない」

という方もいると思いますが、それは稼ぎ方を知らないからですね。

在宅ワークで稼げない理由について、次で詳しく解説します。

在宅ワークで稼げない理由

在宅ワークで稼げない理由をまとめました。

実際に自分に当てはまる理由があれば、そこを改善することで大幅に稼ぎを増やすことが可能ですよ。

報酬が低い仕事をしている(簡単な作業をしている)

副業として、「アンケート調査」や「データ入力」などの思考停止で簡単にできる仕事をしていませんか?

これらは、単価が著しく低いためどれだけ作業しても稼げません。

例えば、クラウドソーシングには、400字以上の文章で回答するアンケートが1件110円であります。

10件(4,000文字以上)提出しても1,100円ですよ。

文章書くのが苦手な場合、10件書くのに10時間以上はかかりますよね。

ということは、時給110円ということになります。

これでは、稼ぐことは出来ません。

正直アルバイトや派遣として働いたほうが稼げますよね。

こういった低単価での仕事はできる限り避けるようにしましょう。

収入が安定しない

収入が安定しないのは、在宅ワークの大きな欠点の一つです。

在宅ワークとなると、クラウドソーシングで仕事を探すのが一般的だと思います。

様々なクラウドソーシングで仕事を検索すると、たくさんあるように感じます。

しかし、自分ができるものは限られていたり、応募者が多かったりして、中々思うように受注できません。

先月は10万円稼げても、今月は1万くらいしか稼げないというのは結構あります。

スキルがない

クラウドソーシングで案件を獲得するためには、スキルが必須になります。

スキルがない人は、簡単で単価の低い仕事しか受注できません。

高いスキルを持っている人は、営業をしなくても仕事が舞い込んでくることがあります。

「スキルはどうやって身につけるの?」と疑問があると思います。

この後のオススメ在宅ワークの項目で、合わせて説明します。

作業時間が確保できていない

副業で1万円以上稼ごうとした場合、毎日作業を継続させる必要があります。

稼げていない人は、作業時間の確保が出来ていません。

1日の生活を振り返ると、無駄な時間がたくさんあることに気が付きます。

例えば「会社の飲み会」、「テレビやゲーム」、「YouTube」などです。

本当に副業で稼ぎたいと思うのであれば、断ち切りましょう。

家事や育児でどうしても時間が確保できない人は、スキマ時間がどこかに無いか「分単位」で生活の振り返りを行いましょう。

副業として、オススメの在宅ワーク

本業ではなく、副業としてオススメの在宅ワークを紹介します。

副業向けと言っていますが、本業の収入を超えることが出来る在宅ワークでもあります。

プログラミング(Web制作)

プログラミングは非常におすすめです。

仕事内容は、Webサイトを制作したり、アプリ制作などです。

「今までやったことないから難しそう」と思っている方、全く問題ありません。

理由は、私がいい例で、プログラミング未経験でも3ヶ月の学習で稼ぐことが出来ました。

ただし、簡単に稼げるわけではありません。

毎日休まず学習を続けていく必要があります。

稼げるまでは、3か月〜6か月の学習期間が必要となりますが、一度稼げ始めると上限がないのが特徴ですね。

中には本業の倍以上稼いでいる方もいます。

まずは、下記のようなプログラミング教室で無料カウンセリングを受け、自分に合っているのか確認しましょう。

Webライティング

Webライティングは、文章で稼ぐ方法です。

文章を書くのが得意な人には非常におすすめです。

大体、1円/文字くらいが平均単価なので、ざっくり1万文字で1万円の稼ぎになります。

稼いでいる方は、5円/文字以上で仕事を行っているため、かなり稼げています。

Webライティングの魅力は、すぐに始められることです。

文章を書く勉強をする必要はありますが、実際の案件を通して勉強していけば良いです。

文章を書くことが1番の勉強ですので、未経験の場合はとにかく案件をこなしましょう。

ココナラやランサーズなどのクラウドソーシングで、「ライティング」と検索するとたくさん案件が出てきますので、興味のある仕事に挑戦してみてください。

アフィリエイト

アフィリエイトは、在宅ワークとしてやる副業で1番オススメです。

理由は、不労所得を得られるようになる点です。

アフィリエイト以外の仕事は、「労働時間=賃金」となりますが、アフィリエイトの場合は、「自分の資産=賃金」となります。

要するに、実際に働かなくても稼げる仕組みが作れるということです。

欠点があるとすれば、稼げるまでに1年以上はかかります。

そのため、今すぐ稼ぎたいという方にはおすすめできません。

しかも、1年経ってようやく5,000〜10,000円くらいです。

ただし、稼げるようになると、2次曲線のように稼げるようになります。

稼げるようになると100万円/月も夢ではありません。

アフィリエイトの始め方については、以下のサイトが非常に参考になります。

>>【無料】初心者でも10分で出来るWordPressブログの始め方

動画編集

動画編集は、YouTubeなどの動画配信サービスの動画を編集する仕事です。

例えば、テロップを入れたり、配信者の「え〜」とか「あー」などのつなぎ言葉をカットしたりなどです。

動画編集ソフトや高性能PCなど初期費用がかかりますが、ソフトの使い方を覚えればいいだけなので、すぐに始められるのが魅力です。

死ぬ気で頑張れば2週間くらいで案件獲得出来ると思います。

現在も配信者は増え続けているので、需要はまだまだあると思います。

デザイン(Web関係)

WebサイトのデザインやTwitterやInstagramのヘッダー画像を作成するのがデザインの仕事内容です。

「Illustrator」や「Photoshop」などの専用ツールが必要になり、デザインの勉強をする必要があるため、ハードルは結構高いです。

ただし、デザインは将来代替の効かない仕事の一つになると考えられているため、長く続けることができます。

デザインが好きな人や専門学校に通っていた人にとっては、敷居がグッと下がるので、おすすめです。

稼げるまでは6ヶ月くらいは辛抱する時期が続くと考えていたほうが良いでしょう。

在宅ワークで稼ぐためのコツ

絶対条件として、継続です。

スラムダンクの安西先生も言っているように「諦めたら、そこで終わり」です。

ただし、稼ぐ方法を変えるという意味で諦めるのは問題ありません。

1日サボるとサボる癖が付きます。

特別な理由がない限りは、毎日作業をしましょう。

どうしても続かない人は、朝一緒に作業しませんか?

Twitterでハッシュタグ「#朝活」でツイートしてくれれば、いいね!を押しに行きます。

副業仲間を作って一緒に成長していきましょう!

今回は、以上です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

かつのぶ

読書が大好きな地方エンジニア | 田舎企業就職→6年継続も給料変化なし→Web制作副業→現在ブログ挑戦中 | Web制作4ヶ月で初収益 | 主に読書から得た情報や日常で感じたことを中心に発信します | 朝活愛してます

-ブログ, 在宅